2014年フルクテンバウム博士セミナー「携挙・大患難時代・そしてユダヤ人の運命」

セミナー内容

テーマ「携挙・大患難時代・そしてユダヤ人の運命」

2014年のセミナーでは、以下のテーマを取り上げました。 

  • 教会の携挙とは何か。
  • 大患難時代の前に何が起こるのか。
  • 大患難時代においてユダヤ人はどのような状態に置かれるのか。

このセミナーによって時代の方向性、将来の希望、聖書的終末論、が明確になります。

このセミナーのDVD・CD・MP3(ダウンロード商品)はオンラインショップでご購入いただくことができます。セミナーテキストはメッセージアウトラインでダウンロードできます。

講師

講師:アーノルド・フルクテンバウム博士
通訳:中川健一

会場・日時

大阪会場

日時:2013年5月2日(金)、5月3日(土・祝) 10:00~17:00

会場:エル・おおさか 南ホール

東京会場

日時:2013年5月5日(月・祝)、6日(火・祝) 10:00~17:00

会場:渋谷シダックスホール

フルクテンバウム博士プロフィール

フルクテンバウム博士写真

ハーベスト・タイムでは、メシアニック・ジュー神学者として世界的に知られるアーノルド・フルクテンバウム博士を招き、毎年春に東京と大阪でセミナーを開催しています。

【プロフィール】

1943年シベリア(ロシア)生まれ。ダラス神学校、ニューヨーク大学院卒(Ph.D)。代々続くユダヤ教のラビの家系に生まれる。幼い頃より旧約聖書の教育を受けるが、13歳で新約聖書に触れ、イエス・キリストをメシアとして信じる。ユダヤ人宣教団体「アリエル・ミニストリーズ」の創設者。