黒人が奴隷になった理由

2014年 7月 31日

Q かつて教会で、黒人が奴隷になった理由として次の聖句が挙げられました。

さて、ノアは、ぶどう畑を作り始めた農夫であった。ノアはぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。カナンの父ハムは、父の裸を見て、外にいるふたりの兄弟に告げた。それでセムとヤペテは着物を取って、自分たちふたりの肩に掛け、うしろ向きに歩いて行って、父の裸をおおった。彼らは顔をそむけて、父の裸を見なかった。ノアが酔いからさめ、末の息子が自分にしたことを知って、言った。「のろわれよ。カナン。兄弟たちのしもべらのしもべとなれ。」(創世記9:20〜25)

この御言葉を根拠に、ハムの子孫が黒人で、ハムのしたことで奴隷となったと言う話なんです。これは根拠のある話なのでしょうか。

A ご質問にお答えします。

「のろわれよ。カナン。兄弟たちのしもべらのしもべとなれ。」(創9:25)の解釈について:

(1)ハムの罪のために息子のカナンが呪われている。

①カナンは、ハムの4番目の息子である。ハム自身が呪われたのと同じ。

②彼は、父ハムと同じように行動した可能性がある。

*ラビの見解では、カナンがノアの裸を見つけ、それを父ハムに伝えたとされている。

③また、彼の性格が父と同じものである可能性もある。

(2)カナンは、父のハムの性質を発展させた。

①カナン人の罪の重さ。創15:16、18:20、21、19:4~10、レビ18:1~3、申12:29~31

(3)神の憐れみの要素がある。

①ハムの罪は、4人の息子ではなく、カナンにおいてのみ裁かれた。

(4)カナンは、兄弟たち(セムとヤペテ)の「しもべらのしもべ」となる。

①Ⅰ列9:20~21でそれが成就している。

②カナン人たちは、イスラエル人の奴隷となった。

③フェニキア人たちは、ペルシヤ人、ギリシア人、ローマ人の奴隷となった。

④ポエニ戦争で、カルタゴ(北アフリカのフェニキア人の植民地)が滅ぼされた時(前146年)に、カナン人の歴史は終わった。

最後に、創9:25は、黒人が奴隷になったこととは無関係です。

 

< 創世記9章18〜29節の聖書講解メッセージはこちらです。 >

Posted by 中川健一 | 0 コメント

 

コメントを投稿

コメント

この記事にはまだコメントがありません

この記事に対するコメントのRSSを取得 | すべてのコメントのRSSを取得