私たちの理念

ハーベスト・タイムの理念は、このライオンのロゴマークで簡潔に表現されています。このロゴには、4つの主張が隠されています。

1.羊皮紙の巻物

これは、ハーベスト・タイムの聖書観を示している。私たちは、「聖書は、誤りなき神のことばである」、「聖書の原典は、霊感を受けて書かれており、なんの誤りも含まない」と信じる。さらに、「聖書は、信仰と生活に関する唯一で最終的な権威である」と信じ告白する。そこには、合理主義的解釈や実存主義的解釈が入り込む余地はない。また、教会の伝統や解釈を聖書の上に置くような考え方もない。

2.ヘブル語で書かれた創世記1章1節

これは、キリスト教はユダヤ的ルーツを持つ宗教であることを示している。それゆえ、聖書研究におけるユダヤ的解釈が重要視される。著者の意図を汲み取るためには、その書が書かれた時代背景や文化的背景を知る必要がある。異邦人が自分に引き付けて聖書を読んでも、正確な意味は伝わってこない。私たちは、ユダヤ的解釈と並行して、字義通りの解釈も強調している(両者には相関関係がある)。字義通りの解釈とは、散文は散文として、韻文は韻文として解釈するということである。著者が比ゆ的表現を採用しているなら、その部分は比ゆとして解釈するが、本来比ゆ的言葉でないものまで象徴的、比ゆ的に解釈し、結果的に著者の意図とは異なった結論を導き出すようなことはしない。

3.巻物の傍に立つライオン

これは、ユダの獅子、つまり、イエス・キリストを指す。ハーベスト・タイムは、イエス・キリストが救い主であることを信じる。キリスト論は、キリスト教信仰の土台である。もしキリスト論が間違っていると、救済論が間違ってくる。つまり、間違ったキリストを信じても、救いに至る信仰とはならないということである。

キリスト論の要諦は、「イエス・キリストは、完全に人であり、完全に神である」ということである。イエスは他の人間と同じように女から誕生し、生き、苦しみ、死んだ。しかし、イエスは他の人間とは異なっていた。そのことは、以下の4点を見れば明らかである。①イエスは、永遠の昔から存在していた。②その生涯において一度も罪を犯さなかった。③その死は人類の罪を贖うものであった。④復活と昇天によって、神の子であることが証明された。

聖書が教える福音の3要素とは、以下のものである。①キリストは十字架上で死なれた。②死んで、墓に葬られた。③3日目に甦られた。人は、これを受け入れ、イエス・キリストをそのようなお方と信じて救われる。これ以外に、救いの道はない。

4.巻物の傍に立つライオン

再度、ライオンに登場願う。このライオンは、「アリエル(神の獅子)」とも呼ばれる。私たちが毎年セミナー講師としてお招きしているフルクテンバウム博士は、米国テキサス州に本部を置くアリエル・ミニストリーズの代表である。ハーベスト・タイムは、アリエル・ミニストリーズと協力関係にある。フルクテンバウム博士は、私たちのメンター(指導者、助言者)であり、私たちは博士から、ユダヤ的視点で聖書を読む方法を学んできた。