「ハーベスト・タイム」放映終了のお知らせ

テレビ番組「ハーベストタイム」は24年間、視聴者の皆様に愛され、支えられて放映してまいりましたが、2010年3月に日本と米国での放映を終了いたしました。以下はその経緯をサポーターの方々にお知らせしたレターの内容です。

サポーターの方々へのレター

日本と米国のサポーター(同労者)の皆様へ

ハレルヤ! いつもハーベスト・タイムの働きをご支援くださり、感謝します。
「天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある」(伝道者の書3:1)

今私は、上記の聖句を思い出しながらこのニュースレターを書いています。
「ハー ベスト・タイム」は、1986年4月より今日に至るまで、皆様のご理解とご支援により、放映をしてまいりました。そして今、新しい方向に大きく舵取りをするように導かれています。具体的には、本年3月末をもってテレビ番組の放映を終了し、別の形で日本のリバイバルに貢献する働きを始めたいと願っております。

放映開始以来、24年の長きにわたりご指導とご支援を賜り、心より感謝申し上げます。3月4週目に放映する番組は、なんと1249 回目の番組となります!ただただ、主の恵みに感謝するのみです。多くの皆様のご協力があったからこそ、これが可能になりました。本当にありがとうございました。

放映中止の理由は、主に以下の3点です。

(1) 地デジ化
ご存じのように、日本では2011年7月24日までにアナログテレビ放送が終了し、すべてデジタルテレビ放送に移行します。それ以降は、制作に使用する機材も制作方法も一変します。現在私た ちが使用している機材は陳腐化しますので、もし放映を継続しようとするなら、新規に機材を購入する必 要があります。それには多額の費用がかかります(最低でも4~5千万円必要です)。

(2) メディアの多様化
テレビの多チャンネル化、インターネットや携帯電話の普及などにより、日本人が情報を得る方法が分散化されてきています。つまり、テレビメディアは、かつてのような勢いを失いつつあるということです。費用対効果という観点から見ると、テレビ以外の方法を用いて伝道する可能性を模索せざるを得ません。

(3) 内面の促し
これが最も重要な理由ですが、数年前から、自分にまだ余力が残っている内に日本のリ バイバルのためにより直接的な働きを始めたいという願いがありました。それを実行に移したのが、ハー ベストフォーラム東京の働きです。2007年9月から、東京の恵比寿でその働きを開始し、毎週2回(日曜と月曜)、講解メッセージを続けて来ました。また、2008年4月より、ハーベスト聖書塾を設立し、信徒訓練プ ログラムを推進するようになりました。

「聖書研究から日本の霊的覚醒(目覚め)が」をモットーに、講解説教、弟子訓練、各種セミナーの開催などを実行していく予定です。ともに主の再臨を待ち望む同労者として、ご加祷、ご支援をよろしくお願いします。

また月刊『ハーベスト・タイム』紙に最新情報を掲載していきます。
購読を希望される方へはこれらの印刷物を無料でお送りします。

Eメール(申込フォームはこちらから)または、FAX・郵送・TELにてご一報ください。

ハーベスト・タイム・ミニストリーズ代表

中川 健一